Osiris Osiris

サービス概要

ビジネス・コンセプト

「顧客至上主義から、ビジネスパートナー主義へ」

従来のIT業界のビジネススタイルの中で特にシステム開発は、「顧客(至上)主義」といわれるものでした。

その中での実態は、「顧客が言っているから」を言い訳とした、継ぎはぎのシステム開発。これでは、実際の利用も困難になってしまいます。

弊社では、この考え方から脱却し、「ビジネスパートナー主義構想」を打ち上げました。

これは、簡単に言うと、「顧客に儲けてもらうためのシステム作り」です。

例えば、通常のシステム開発では、「顧客要望」のみを開発の要件として取り上げます。

これを、弊社では、「要件」とは捉えずに、「最低限の条件」と捉え、顧客のお客様が要望するであろう期待を「最低限の条件」に加えた上で「要件」としております。

また、実際にシステム上の使いやすさだけではなく、「実運用」を踏まえた開発を行っております。

この中には、自動化可能なものは、自動化してゆく。また、障害発生時の切り分けがスムースにいくなどの開発指針も持っております。

このような状況下で開発を行った結果、TCOの驚異的な削減を行うことができ、また、顧客のエンドユーザからの評価が拡大し、顧客に利益をもたらすことが可能となります。

この思想は、顧客と共にビジネスを育てることを重視したものです。

技術・コンセプト

「ユビキタスからユニバーサルデザイン(UD)」へ

「さまざまな人たちが、いつでも、どこでも、わけへだてなく安心して使える製品を生み出すこと、これが未来をめざす製品作りの基本になる」米国ノースカロライナ州立大学ロン・メイス博士らは、広く世界にこう呼びかけました。

これが「ユニバーサルデザイン」の考え方です。

従来の製品は、製品提供側の考えで製品を生み出してきました。しかし、ユニバーサルデザインの考え方によると、「もともとバリアのない世界を最初から構築すること」に変わります。

使う人の年齢、性別、能力、経験、障害などの違いに関係なく、同じように使いこなすことができる製品を作っていこうということです。これが「ユニバーサルデザイン」です。

このユニバーサルデザインの考え方に賛同し、製品作りに取り入れました。これは、非常に困難なことですが、少しでも不安、不満、不都合があれば、できるかぎり改良する。これが「ユニバーサルデザイン」に準じた「技術理念」になりました。

「もともとバリアのない世界を最初から構築すること」これが重要と考えます。

ユニバーサルデザインの7原則

「The Center for Universal Design, NC State University」による原文

サービス内容

1.基盤システム事業インフラ(サーバ)構築・導入・運用支援

主な業務内容サーバの構築から導入まで行い、導入後の運用についてもサポートを行っていきます。

また、お客様環境の問題点を解決するため、技術者がお客様環境に常駐し、内部から運用のサポートやインフラの改善提案を実施します。

サーバ構築企業のネットワーク環境において情報の共有や、メールの送受信、Webコンテンツ発信などの役割を担ったサーバは必要不可欠な存在になっています。

これらサーバを、お客様の利用環境や利用目的に則し、設計・構築・導入を行います。

ソリューション提案セキュリティ提案

企業活動において必要となる様々なデータは電子化され、サーバや社員が使用するパソコンに保存されています。しかし、昨今、企業における情報漏洩が連日報道され、社会的問題になっており、データの保護、セキュリティ対策は企業にとって避けては通れないものになっています。

機密データ漏洩の未然防止やウイルス感染の未然防止など、お客様の損失を防ぐための環境やシステム構成を技術的な面から提案し、支援します。

運用設計提案

お客様の抱えている問題点を技術的な観点から解決し、セキュリィ面や社員の方の利便性を考慮したトータル的な運用設計を提案いたします。

運用管理企業活動において必要となる様々なデータを電子管理している今日、データを保持・共有しているサーバをノンストップで稼働させるための運用管理は企業にとって必要不可欠です。 ひとたびサーバに障害が発生すれば、業務は滞り、大幅な利益損失につながる可能性があります。

2.第三者検証

規模の拡大・複雑化

IT製品(情報家電、携帯端末、カーナビやETC等に代表されるITS関連製品)のデジタル化の拡がり・機能向上により規模が拡大し複雑化しています。

信頼性の確保製品を短期間で作り上げなければならないため、品質向上に十分な時間とコストをかけられないのが現状ですが、機器の誤動作など重大な問題を引き起こす危険性があり、信頼性の確保は大きな社会的課題となっています。

品質向上に貢献する「製品検証部」第三者の立場で検証を行なうことでリスクを軽減し、開発段階より、テストプラン作成からテスト設計、テストケース作成、テスト実施、バグレポートまで幅広く的確にフォローすることにより、品質向上に貢献し、効果的に品質保証を実現していきます。

ワークフロー

無限ではないリソースを効率的に活用し、製品を市場へ送り出すまでの行為に検証漏れがあってはいけません。フェーズ毎に必要な検証を適切、適量に施すことで、より効果的な検証作業を製品に与えます。

3.プライバシーマークコンサルティング・外部監査

プライバシーマーク審査員補資格取得者による審査員サイドの視点からのコンサルティングをご提供致します。